チベットのお香

チベットで古くから受け継がれている

伝統的なチベット医学のレシピで作られた

お香を買ってみました。

もちろん、ノンケミカル。

お香から出る香りや煙は

体内に吸収されるものですから、

材料は信頼できるものから

作られている方がいいですよね。

(この間買ったお香は、

フツーに香料のやつだったせいか、

ものによって、喉がちょっと・・・

とても人気のブランドらしいけれど。)

P3110877.JPG

(この素朴な感じがよろしい〜〜。

しかしこんな素朴なのに(?)

1箱1箱に小さな

これまた素朴なお香立てが入っていて

びっくりした!!

一気にお香立て持ちになってしまいました。)

 

いくつか種類があって、

目的や効能に合わせて

ブレンドされているそうです。

寺院での儀式で使われる神聖なものから、

リラックス効果の高いもの、

精神的な癒し、

スピリチュアルな感覚を高めるもの、

ヨガや瞑想をするときに使うもの、等々。

 

うーむ、好きな感じ。

(形から入る人。笑)

P3110875.JPG

芯がなく、お線香と同じように

薬草や鉱物など、材料を固めたタイプなので

使いたい分だけポキッと折って使えるのが便利。

 

肝心の香りはというと・・・

いわゆる香料とか

香水みたいな香りを

「いい香り」と思う方には

不向きです。(苦笑)

 

私は、好きな感じ!(再び)

 

香料のお香を使っていたときは

残り香がいまいちで違和感を感じたり、

焚いている時、

深呼吸できない感じだったり・・・

(違う部屋に移動。笑)

でも、天然素材のお香だと

それがないので、

とても体が楽な感じがします。

 

香りのある生活、続きそうです。

 

 

 

 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://a-ito.jugem.jp/trackback/986
<< NEW | TOP | OLD>>