オイルの威力

ずいぶん昔から手放さず、ずっと持っている本の1つに

「毒素排泄健康法」という古い本があって

(いかにも私が好きそうな、どんぴしゃりタイトル。笑)

主な内容はエドガー・ケイシーのオイルを使った療法が

書かれているのですが

まあ、そんな本の影響もあって

ひまし油をシミに塗ってみていたわけなのです。

 

ところで、あの後、

もう1つオイルに絡んだ事件(??)を思い出しました。

 

10年ほど前のこと・・・

マクロビオティックの総本山、日本CI協会の

リマ・クッキングスクールに通っていた頃のお話です。

 

その日の授業は料理実習ではなくて、お手当法のお勉強でした。

お台所にあるもので治す、というのが基本のマクロビオティック。

お手当にも梅干しや生姜、こんにゃく、里芋、豆腐などの食材を使います。

この時は、あらゆる皮膚病に有効、といわれるオイル作り。

ごま油と生姜の絞り汁を1:1で混ぜ合わせる、という

ただそれだけのオイルなのですが

(もちろん、オイルは可能な限り質の良いもの。生姜はひね生姜。

しっかり乳化するまで混ぜて、出来上がり。においは、完全に「餃子」です。)

これをみんなで作って試していたのです。

 

私はちょうどそのとき、二の腕の内側

(また腕ですね・・・(苦笑)左でした。陰性な毒素排泄。)に

3〜4センチ四方くらいに、カサカサしたものが広がっていました。

なかなか治らないなぁ〜と思ってはいたものの、薬で止めるのもなんだし

排泄されるままにしておいたのですが・・・

私が座っていたテーブルにちょうど先生が回ってきていらして

「どこか試してみたいところはない?」と聞かれてので

これ幸い!と、

「これなんですけど・・・」と見せたら、

先生が直々に刷り込んでくださったのです。

その時!!!!

 

何か、異様なパワーを感じたのですね、不思議なことに。

私は結構鈍いので(苦笑)

普段から不思議な体験とか、あんまりないほうなのですが、

この時はたしかに、先生の手から出ているものを感じました。

あるいはオイルのなせるわざか。

 

そしてその日の夜。

お風呂に入ったとき(まさにひまし油の時と同じ)

手で腕を撫でたら・・・

 

そのカサカサがつるっと取れちゃったんです!!!!!!!

 

うひゃぁあああ!!!!!とお風呂の中で仰天しました。

お風呂上りも、まじまじと腕を観察しましたが、

もはやつるつるの二の腕。

いやはや、そのオドロキといったら。

(そのわりに、忘れてたけど!!!)

 

オイル選びや、使い方もいろいろですが、

それこそ正しく使えば

(大きい声では言えないので、小声で)

「万病に効く」といっても過言ではないようですよ!!

 

オイルのパワーと魅力は計り知れません・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康 comments(2) trackbacks(0)
Comment








今日はお忙しい所、ヒマシ油のお話してくださりありがとうございました。
ネットで調べていたら、欲しくなり生活の木のヒマシ油を買ってみました。ayakoさんの様にシミが薄くなる事を期待して使ってみようと思います。
from. shibata | 2016/08/07 18:56 |
shibata様
今日もご来店、ありがとうございました♪生活の木でも売ってるんですね!それなら手に入りやすくていいかも。(私が買っているのは、かなりマニアックなお店なので・・・(苦笑))
私も、顔のシミをどうにかしたいので、一緒にがんばりましょうっ(笑)
from. A-202 | 2016/08/07 21:05 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://a-ito.jugem.jp/trackback/685
<< NEW | TOP | OLD>>