うれし、たのし、骨董市
かつては、月2回の骨董市通いはお決まりの行事(仕入れ)だったのですが、
いまや仕事の都合でまったく行けなくなってしまった・・・。
今年はたった一日だけ、
休みの日と開催日が重なった日があったので、
疲れた体にムチ打って、朝から骨董市へ。

やっぱり何度行っても
駅の改札を出るときから、すでにテンション上がってきて
なんとなく急ぎ足になってしまう・・・。(苦笑)

お目当てのおじさんが出店してなくて
非常に残念ではあったけれど、
まずまずの収穫。

デッドストックの浴衣地に、

100円の小さなはぎれ。
(私にしては、めずらしく絹物)

布団皮?かなにかの、つぎはぎボロ布。
(ストライプあり、チェックあり、という感じ。でもキュート!
バラして使いましょ。)

そして、どうにも惹かれて買ってしまった平皿。
(製作にはまったく関係なし)



あと、これまた思わず買った古いクリップ1個。


普段、あまり後悔はしないのだけれど
(即決で欲しいものはパッと買うようにしているから)
財布のひもを固く縛っていたせいか(苦笑)
判断にぶって、今回は1つ後悔したものあり。
銅の入れ物、用途不明品。
自分でも、「何に使うの?」って思ってやめちゃったんだけど
うーん、やっぱり買っておけばよかったなあ・・・・(涙)

骨董市が久々すぎて、ちょっと勘(?)が鈍ったらしい。
(それが結構ショック・・・)













 
骨董市 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://a-ito.jugem.jp/trackback/563
<< NEW | TOP | OLD>>