古布バッグのお直し

ずいぶん前の個展で

ご購入くださった古布バッグの

お直し依頼がありました。

革の持ち手の縫い付けた部分が

ブラブラと怪しくなってしまったので

そこの修繕。

 

持ち手がいい感じで柔らかく

色も濃くなっていて、

沢山使ってくださったのが

伝わってきました。

とてもありがたいことです!

 

しかし、昔の作品をほどいていると

「アチャー」と

恥ずかしさもあったりして・・・(苦笑)

なんだかなぁ。

これでも多少は技術面で

向上してるってことなんだろうか。

 

表地には問題がなく、

裏地だけ劣化していたので

その部分には違う布(新しいリネン)を重ね、

持ち手は太い麻糸で縫い付け直し。

 

革の切り口も、

以前は何の知識もなかったので

切りっぱなしだったのですが(大汗)

今回はそこに

トコフィニッシュ(革の裏側や

切り口を始末するための液体樹脂)

を塗って磨く。

 

さて、これでもう少し

ご愛用いただけるようになったでしょうか。

 

ビフォーアフター撮り忘れ!!!

 

(M様、大変お待たせいたしました!!)

 

 

 

 

製作 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://a-ito.jugem.jp/trackback/1029
<< NEW | TOP | OLD>>