レスキュービネガー

前回からのスパイスつながり(?)で

今日は、これを・・・

 

その名も「レスキュービネガー」。

PC230707.JPG

 

ラベルをよくご覧いただくと・・・

なにやら、不思議なことが書いてあるのに

お気づきの方もいらっしゃるかもしれません。

4人の泥棒???なんのこと??

 

実は、このビネガー、

もともとのレシピは

黒死病などの疫病が蔓延していた

中世フランスに誕生したのです。

 

沢山の人が疫病で亡くなる中、

ピンピンに元気で悪事をはたらく4人の泥棒。

「なにやら秘密があるらしい」という噂が広まり、

とうとう捕らえられた際、

そのレシピを教えれば減刑してやる、と

聞きだしたものが、

このレスキュービネガーの元祖。

泥棒たちは独自に作った

このビネガーを飲んでいて元気だったのです!

その後、このレシピは

フランスの薬局方に正式に登録されます。

つまり、ただのお酢ではなくて

「サプリメント」のような

位置づけをされているのです。

 

そして、これを現代に

どうにか蘇らせることはできないか、と

25年もの歳月をかけて実現させたのが

このレスキュービネガー、

というわけなのです。

 

28種類の野菜、フルーツ、ハーブ、スパイスを

アップルサイダービネガーにブレンド。

(ちなみに、20種類のもあり。

ハーブ、スパイス類が苦手な方には

こちらがオススメ)

材料はすべてオーガニック。

無濾過、非加熱、非殺菌処理。

普通のお酢よりまろやかなので、

そのまま飲めなくもないですが、

お水で少し薄めれば飲みやすい。

もちろん、ハチミツや

アガベシロップなどで甘みをつければ

より飲みやすく美味しいです。

炭酸で割ってもよさそう。

 

そして、一番手軽で使いやすいのは

なんといっても

ドレッシング!!!

 

ハーブやスパイスのおかげで、

このお酢を使うだけで

いつものサラダが

なんだか複雑な味わいに!

 

風邪をひきやすい方、

いつも怠い、疲れが取れない方、

なんだかスッキリしない、

そんな方に良いようです。

 

 

オススメ comments(0) trackbacks(0)
「きものとからだ」

先日、とても面白い本を読みました。

 

「きものはからだにとてもいい」

三砂ちづる著

タイトルをみて

「うん、そうでしょう。

絶対、そうでしょうねえ・・・」と

妙に納得して手に取ったのですが、

読んだら着物を着ずにはいられない感じ。(笑)

だって、本当に

着物は体にいいんですよ。

(七五三以降、

着た事ないくせに!!!!)

 

日本の民族衣装なのに・・・

こんなに優れた衣服なのに・・・

 

私は解体してばかり・・・。

(少しだけ、どんよりしちゃいました。苦笑)

 

今、男も女も、着物を着たら

日本は絶対変わるでしょうね・・・。

 

心が変われば体が変わるけど、

体が変われば、心も変わる。

アプローチはどちらからでも

いいんじゃないだろうか。

むしろ、体を変えるほうが

手っ取り早い気がする。

 

着物に興味があってもなくても、

この本、おすすめです!

 

(ちなみに、文庫化にあたり

このタイトルに変更になったようで

はじめは「きものとからだ」

というタイトルで出版されています。

中身は同じです!

私はそれを知らず、

両方図書館で借りてしまいました・・・)

 

 

 

オススメ comments(0) trackbacks(0)
Bhado

立ち仕事は、どうしても足が浮腫んで、疲れる。

どうにかならないものかー、と思いまして

半年前くらいだったか、

こんなアイテムを購入しました。

正直に申し上げて

別にお洒落でもなんでもない、ただの鎖のように見えますが・・・

「Bahdo」(びはどう)という商品で、

(ここで詳しく説明していると、ものすごーく長くなるので

ご興味のある方は、ぜひ検索してみてください!

簡単にいえば、「電磁波対策」「免疫力アップ」などの

効果が見込める

いろいろな形状のものが作られているのですが、

私が最初に試してみたのは、ペンダントタイプ。

電車に乗ると気持ち悪くなることが多いので、

その対策に、と思って買ってみました。

 

その後、パソコンの電磁波対策にカードタイプを買った時、

「足の疲れにいいかも」と

ついでにアンクレットタイプも買ってみたのですが

このアンクレットタイプが一番実感できている気がする!

 

例によって靴下を4〜5枚履いているので、

2枚か3枚履いたところで装着。

(1枚目の上からだと、緩すぎて下がってきてしまい、

アキレス腱のところに当たって

痛い!というほどじゃないけど、気になるから。

もちろん、素足につけても問題ないそうです。)

 

最初のうちは、あまり変化を感じなかったけれど

それでも毎日つけ続けてみたら・・・

いつの間にか、一日終わった時の

足の疲れがかなり軽減していることに気づきました。

お風呂に入るときに足を見てみると

浮腫みも以前ほどではない気がする!

 

ある日のこと、「今日はずいぶん足が冷えるけど、なんで?!」

と思ったら、Bhadoを付け忘れてた!ということもありました。

 

両足用は、「最初のお試し」と思う方には若干お値段がはりますが、

私は「買ってよかった!!」と思っています。

効果は半永久、とのことなので、

この先も毎日のように使っていれば安い買い物です。

もし、立ち仕事で足の浮腫みや疲れにお困りの方、

試してみる価値があるかもしれません。

 

アンクレットのほかに、ブレスレットタイプもあり。

もちろん、スマホ用、パソコン用、

また、家中の節電に効果のある分電盤に貼るタイプや

(電気代がすごい下がるらしい!)

車用、ペット用などもあって、多種多様なニーズに対応してます。

私も今後、分電盤用など、じわじわ買い揃えようと

虎視眈々狙っているところ。

 

ちなみに、私がお世話になっている整体院の先生のお墨付きでもあります!

(先生とは趣味(??)が似ているらしく、

他にも、「あ、これ私も使ってる!」というアイテムが沢山あって

嬉しくなります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オススメ comments(0) trackbacks(0)
ピーター・ラビット展

気付いたら会期も終わりが近づいていたので、

あわてて行ってきました、『ピーター・ラビット展』。

とにかく、(何度もブログでも申しておりますが)赤子の頃からのうさぎ好き。

理由はわかりませんが、うさぎのぬいぐるみがいないと

生きていけない乳幼児だったのです。

(ライナスの毛布みたいなもの?まあ、一種の精神的な病ですよね・・・)

 

ま、そうだったからなのか、ただの偶然かはわかりませんが、

子供の頃は「うさこちゃん」にはじまり、

当然「ピーター・ラビット」の絵本も

母が買ってくれていて、いつも手元にありました。

 

だから、今回の展覧会も、ビアトリクス・ポター生誕150周年、

しかも日本初の大回顧展となったら見ておかねばなりません!

私にしてはめずらしく、音声ガイドも聴きながらじっくり鑑賞してきました。

 

ピーターたちうさぎはもちろんですが、子猫やあひる、ネズミなど、

ポターさんが描く動物たちは、

擬人化されてるんけど、リアル。リアルなんだけど、擬人化されてる。(どっちだろう?)

そこが、いかにも幼児向けな絵本、という感じにならない所以でしょうか。

特に、今回良かったのは、最初に出版された私家版のペン画。

現在、私たちが購入できる絵本はすべてカラーですが、

もともとはカラーじゃなかったのですね。

これがとても素敵でした。

そして、今回あらためて「あ、そんな内容だったっけ?!」とかビックリしたりして、

(ピーターのお父さんは、人間につかまってパイにされちゃった、とか。忘れてた!)

今度、古い絵本を引っ張り出して読み直してみたくなりました。

 

11日(火曜日)までの開催ですが、

ご興味ある方、ぜひご覧になってみてくださいね。

 

湖水地方、また行きたいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

オススメ comments(0) trackbacks(0)
『修道士ファルコ』
また漫画ネタ。(苦笑)

先月は、久しぶりに再読した
『エロイカより愛をこめて』のことを書きましたが、
その後、どうにも他の青池保子作品が気になり始め、
(古いやつは持ってたんだけど)
比較的新しい作品の『修道士ファルコ』を
アマゾンで大人買いしちゃいました。

これがまあ、久々の大ヒットで!!!
「なんでいままで買わなかったの!!」と
自分を呪いたくなったわよ。

舞台は中世ドイツの修道院。
元騎士の主人公ファルコ(鷹、という意味)と
彼をとりまく個性豊かな修道士や修道女たちが
いろいろな事件を解決していくストーリー。

この舞台&時代設定、キャラクター作り、
もう「さすが青池先生!!」とうならずにはいられません。
『エロイカ〜』同様、ウィットに富んだユーモアセンスも冴えてます〜。

このファルコの影響で、
なんとなく修道院(修道士・修道女)というものに
興味がわいてきました。
半年くらい、修道院生活を体験してみたい・・・。(笑)
キリスト教徒じゃないから、絶対無理だけど。











 
オススメ comments(0) trackbacks(0)
洗剤いらず!エコサターン
前々から、こういう商品に興味があったのですが、
ようやく買ってみました。
洗剤いらずの洗濯ボール。
類似品はいろいろありそうですが、
今回私が買ったのは「エコサターン」。

(土星っぽくってかわいい)

洗濯物をこのボールと一緒に洗うと、
水そのものが洗浄力を持った水に変わるので
軽い汚れなら洗剤は不要。

もちろん、すすぎは1回でOK。
少し汚れているような物なら、
洗剤を通常の半量くらい併用するといいらしい。
(この場合も、『アルカリウォッシュ』など、
エコな洗剤を使うといいですね)
除菌効果もあって、部屋干しのいやな臭いもしないとか。

そうそう、洗濯槽の黒カビも付きにくくなるそうで、
その点も二重丸!!!

いままでも、洗濯洗剤には結構気を使っていて
ここ数年はずっと「飲んでも平気」というくらいの『マザータッチ』を使用。
他にも重層×塩とか、『松の力』『アルカリウォッシュ』等々、
いろいろ試してはいるものの、
このエコサターンと併用すれば、ますますパワーアップするかも?と期待大。

まだ3回くらいしか使ってませんが、

普通に(?)さっぱり洗いあがっております。
なかなかいいようだわー。

洗浄効果は、一日二回の使用で一年。
ここまで洗濯しない人は、結構持ちますね。
いままで2回のすすぎが当たり前のご家庭なら
水、洗剤ともにかなりの節約になりそうですよ。

こういうのって、国が製造して「全世帯」とまではいかなくても
「希望者に配布」とかできないのかねえ。
(で、リピートしたい人は、2回目以降は自分で買う)
いわゆる「洗い上がり真っ白!!!!」みたいな
蛍光塗料で洗う洗剤が当たり前になってるようではいけないわ。


*よこ式、ななめ式のドラム洗濯機には使用不可。乾燥機には使えません。
*洗濯槽そのものの汚れも落ちるので、使用前に洗濯槽洗浄をした方がよい。








 
オススメ comments(0) trackbacks(0)
ブラッシング
子供の頃からほとんどおかっぱだった。
(母が切っていた)
バンドをやっていた頃が一番いろいろ変化があったろうか。
かなり短かったこともあったし、
ワッフルパーマ?をかけてたこともあった。(案外好評だった)
おまけに、赤っぽい色にしていた。
若かったのです。(苦笑)

今の、この長髪になってから、髪の毛はほったらかし。
伸ばしっぱなしの放置状態。
なんとまあ、かわいそうに!
やっぱり、美しい髪も、日ごろのお手入れの賜物なのでしょうね・・・。
とはいっても、髪が細いのか癖っ毛のせいなのか、
はたまた痛んでるのか、
からみやすくて、ブラッシングが非常にストレスでした。
「こんなにギシギシひっぱったら、逆に痛みそうだよ!」という感じ。
そこで、こんなものを発見して使ってみたところ、
なかなかよろしい!!!
うわさ通り、ほんとにスムーズに梳かせるんです!!!


英国生まれの「タングルティーザー」。
いわゆる普通のブラシのように柄がないところが
実にユニークなデザイン。
(なんとなく、そら豆を彷彿とさせるなあ。)
もう少し小さいのもあるけれど
私が買ったものはプロ仕様?らしく
サイズが結構大きくて、
私の手の平(手首から指の先まで)より少し小さいくらい。
でも、この形がポイント!
持ちやすいし、梳かしやすい。

髪を梳かすと痛がるお子様にもいいみたいですよ。
濡れた髪にも、スルーーッと面白いくらい梳かせます。

ただし、黒はちょっと失敗だった。(ほこりが目立つ!!)
他にはピンクとかオレンジしかなくて、
わかっていながらも黒を買ったんだから仕方ないが・・・。
あと、大きすぎて
今のところ収納場所に困っております。(苦笑)









 
オススメ comments(0) trackbacks(0)
はたきデビュー!!!
近頃、こんなアイテムを導入してみました。
はたき。


昔ながらの日本のパタパタやるハタキじゃなくて、
ダチョウの羽のハタキ。
(しかし、こちらの商品名は「PATA」。)
細長いビニール袋から出したとたん、
「ホワ〜〜〜〜ン」と羽が広がった様子に
思わずニンマリしてしまいました。
かわいくて。
何かの頭みたいじゃない?


手触りが、とにかくほわほわしてて
気持ちいいのよー、これが。

くろちゃんの次に、癒しアイテムかも。

この写真の長いものを買ったら
ハンディタイプのミニサイズもついてきたのですが、
これがまた使い勝手が大変よろしい!!!
小さい方ばっかり使ってます。(笑)

お手入れ方法も、想像していたより簡単でした。
お掃除が楽しくなること請け合い。








 
オススメ comments(0) trackbacks(0)
『エロイカより愛をこめて』
中学生や高校生の頃、
漫画を読んでいるときに「読書している」というと
たいてい、両親に馬鹿にされてましたが、
漫画を読むのは「読書」とは言ってはいけないのかしら。

読書の秋ですが、
結局、漫画を読んでいます。(苦笑)
夜、疲れているので
気分転換に漫画くらいがちょうどよいのです。言い訳。

少し前は、大島弓子作品をかたっぱしから読み返し、
今はというと、夜な夜な『エロイカより愛をこめて』にどっぷり。
一晩に一冊くらいのペースで
1巻から久しぶりにじっくり読み返し中でございます。

ストーリーは、一言でいえば、
国家機密をめぐって、男たち(ほとんどおじさん)が
世界中、おもしろおかしく(注:本人たちは大真面目)かけめぐる

少女マンガらしからぬ、本格スパイ物。
主人公のエロイカ(英国貴族の泥棒)と
独NATOの「鉄のクラウス」ことエーベルバッハ少佐を軸に
KGBやCIA、SISなどが絡んでくる
スパイ物なのに、
なんでこんなに笑えるの?(笑)
青池保子先生、ただものじゃありません。
緻密で先生の几帳面な性格がうかがい知れる絵柄と、
個性的かつ魅力的(←いろんな意味で)、
そして強烈なキャラクター設定、
もう、どれをとってもスバラシイ!!
1コマ1コマじっくり見てみましょう。
「このコマを、こんなに真面目に描いたのか・・・」と思うと
尊敬するしかありません。(理由は、読めばおわかりでしょう。笑)
はっきり言って、私は電車の中では読めませんね。
おかしくって噴き出しちゃうから。

この『エロイカ〜』、なんと連載がはじまって35年以上。

(ちなみに、1巻は序章のような感じで、
面白くなるのは、エーベルバッハ少佐が登場する2巻から。)

途中、冷戦の終結などで連載が止まっていた時もありましたが、
それでも、これだけ長年にわたって連載をしている大人気作品。
もちろん、私も超がつくほど大好きだし、
ファンも多いはず
なのに、
私の周りには知ってる人がほとんどいないのはなぜ?
(世代が違うから?)
少女マンガなのに、ヒロインがいないし、恋愛も絡まないからかしらね〜。

・・・そこがこの作品の魅力なのよ!!!!!


ただいま、39巻まで、絶賛発売中でございます。

(すっかり長くなりました。
まだまだ語れそうだけど、このへんでやめときましょう。(苦笑))







 
オススメ comments(0) trackbacks(0)
「けんこう片手鍋」
先日、料理をしている最中、
どういうわけだか、するっと手を滑らせて
大のお気に入りの小さな土鍋を
大理石の調理台にゴトッ!と落としてしまった。
手元からなので、ほんの10センチくらいの落下だったのですが、
これがみごとに、巨大な亀裂が入ってしまったのです。
修繕不可能なほどに・・・。
毎日愛用していたお鍋だったので、
すかさず、同じものを買いなおそうと
ネットで見ていたら・・・
なんと、色違いが登場してるじゃないの!!!!!

いままでは茶色を使ってたけれど、
ここは気分一新、黒に買い換えました〜。


この「けんこう片手鍋」は
健康綜合開発の「マスタークック」シリーズの中の1つで
(マスタークックは、白くてかわいい土鍋です。
いろいろなサイズや形がそろっていて、お勧めです。)
セラミックと、エネルギーを活性化させるといわれる葉長石から
作られているそうです。
遠赤外線効果が非常に高く、食材の栄養価を壊すことなく
理想的に調理することができます。


まあ、細かいことはさておき、
つまり簡単にいえば
この鍋を使えばおいしくなるということです!(笑)


おいしくなる上に、この使いやすさ。
重くて出し入れが不便な感じがする大きな土鍋に比べると、
このコンパクトさがなんとも絶妙。
なんといっても、おすすめはお味噌汁。
(もはや私の場合、お味噌汁専用といっても過言ではないほど)
4人分くらいまでなら作れます。

空炊きできる丈夫さなので、ごまを炒ったりすることもできます。

一人ご飯のときは、
これで炊飯にチャレンジしたこともあったなー。
あとは、ちょっとした蒸し物とか、
おかゆとか、一人土鍋うどんとか、一人鍋とか・・・。
そのまま食卓に持って行って食べてました。(苦笑)
かわいいし。

この先も、ずっと愛用するであろう「けんこう片手鍋」。
ぜひあなたのお台所にもいかが。












 
オススメ comments(0) trackbacks(0)
| 1/5 | >>