干し柿

干し柿日和!!

PB141231.JPG

西日がよく当たる我が家は

風通しもよく、

干し柿にはなかなかよい環境。

だいぶ縮んできたところです。

自家製干し柿は私の大好物。

市販のものより柔らかいうちに食べてしまう

この醍醐味よ!!!!

中はトロトロジューシー。

 

小さいものを1つお味見してみたら・・・

んまぁ、おいしいこと!!!!!!

ほっぺが落ちるとはよく言ったもんだ。

今日もお日様に感謝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
自家製シードル

先日、自家製シードルの作り方を習いました。

 

瓶に耳をそっと寄せてみると

「ピチピチピチピチピチ・・・」

かわいく発酵してる〜。

 

お味見に少し飲んでみたら

これくらいの発酵時期は微発砲で美味しい!

美味しいが・・・

シードルを甘くみていました。

私はアルコールが「ほぼ分解できない」んだった。

(遺伝子チェック受けたら、

案の定そんな結果が出た)

結構酔う〜〜〜。

普通にお酒だわぁああ〜〜〜。(当たり前)

ほぼジュースみたいなもんだと思っていました。

シードルさん、すみません。(?)

糖が発酵しつくすと、

味がさらにお酒っぽくなるので

甘いうちに飲んだほうが

私には良さそうです。

(というわけで、

昨晩冷蔵庫に入れました)←発酵を止める

しかし、結構量はある・・・

どなたか飲みに来てください。(苦笑)

PA161187.JPG

PA161187.JPG

↑もう少し瓶の上まで入っていたのに

お味見でここまで減ってしまった。

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
大型犬に惚れられる

昨日の夜のこと。

ブラブラと外を歩いていて

横断歩道のないところで道を渡ろうと

車が行き過ぎるのを少し待っていました。

ふと見ると、5メートル先くらいに

大きなラブラドールが。

飼い主のおじさんが、その子の

「大きな便り」を片づけようと

立ち止まっているところでした。

 

じっと立っている様子が

なんともかわいかったので

「おりこうさんだねー」と心の中で言った途端、

その子が私に向かって

尻尾をものすごい振ってきたのです。

 

案外車が途切れず、

「もう少し先で渡るか・・・」と思い、

そのラブラドールがいる方に歩いていったら・・・

 

な、なんと。

その子がものすごい勢いで

私にとびかかってくるではありませんか!!

えええぇえ〜〜〜〜〜。

こんなの初めてなんだけど!!!

(小型犬に、ちょっと鼻を近づけて尻尾振る、

くらいはされてるけど)

 

顔は舐めるわ、

ぐるぐる回るわ、肩まで手をかけるわ、

もうなにがなんだか!!!

(まだ片付け終わってないブツを

危うく踏みそうになりましたっ。)

飼い主のおじさんが

「ほらほら、お姉さん(←聞き逃さない)が

困ってるからやめなさい」と言っても

聞きゃしない。

後ろにドーーンと倒れそうで大変だったけど(苦笑)

嬉しいね。こんなに歓迎されると。

 

個体差(?)はあるのでしょうけれど

動物って、本当に人の心の中が

こんなにもはっきりわかるんだな、

と実感しました。

(うーーーん、でものそのわりに、

野良猫たちは逃げるんだよなぁ・・・)

この子が特別鋭いアンテナを持っていたのでしょうか。

 

犬も猫も、みんなかわいい。

「愛」、そのものです。

 

 

 

 

 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
雑司ヶ谷 手創り市へ

昨日は雑司ヶ谷の手創り市に出かけました。

お目当ての作家さんのみ、サクッと。

(他はどこにも寄らず、直行直帰!

P9171128.JPG

柿渋染めのリネンは

まるで革のような風合いで

ものすごくかっこいい。

何か作りたい!!と強烈に思う反面、

鋏を入れたくない気もする。

困る。(?)

(失礼ながら、インスタグラムで拝見していて

ずっと女性の作家さんだとばかり思っていたので

ブースにいらしたのが男性だったから

軽くびっくりした。笑

私が勝手に思い込んでいただけですけれど。)

蝋引きのバッグも素敵でした。

 

そして、木のへらは

形と色を迷って、3本大人買い。

見れば見るほど丁寧な仕事ぶり。

(静かで凛とした佇まいのカトラリー等、

どれも素敵で、どれも欲しくなるので

これまた困る。)

私はしょっちゅう、

リブレフラワー(玄米粉)とか

きな粉やはったい粉に

濃縮甘酒やハチミツ、米飴などを混ぜて

ネリネリして食べているので

このヘラはそれらに大変良さそうです。

長さも短くて、手に収まる感じ。

(スプーンだと、ねっとりしたもの(苦笑)が

くぼみに落ち込んでしまって、

結構食べにくいのであります)

あとは、1回食べきり分くらいの

ディップなんかを作るのにピッタリ。

 

このお二方でミッション終了したので

帰ろうかとも思いましたが、

まぁ、せっかく来たんだし、

と一回りしたら・・・

前回ブローチ買った作家さんがいらして、

今回はイヤリング買ってしまいました。

(ま、いいの。

もうすぐ誕生日だから、ってことで

 

ステキでしょう?

私にしては女性らしい。(苦笑)

P9171130.JPG

小ぶりで使いやすいサイズ。

シンプルな服にさらりとさりげなく付けたいです。

そして、作家の方がお美しいの!

かわいい。(←完全におじさんモード)

まじまじと見たかったけど(笑)

失礼なのでやめました。

こういう素敵な方が作ってらっしゃるのねぇ、と思ったら

かなり恥ずかしくなってきた、自分が。

最近、髪が伸び放題でボサボサだし、

(いや、髪だけの問題ではないのだけれど)

もう少し気を使わないとな。

moto市に向けて。(笑)

 

さて。

こういう所を見学(?)すると

思うところは色々あるけれど

今はとにかくせっせと縫わねば。

なんせ、気付いたら

もう9月半ばなのよ!!!!(あ〜れ〜〜)

 

↓ご参考までに。

*木工 只木芳明さん

*柿渋染  _ai_mai(曖昧)さん

*イヤリング nemuさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
新しいアイロン、その後。

怖い怖い、と言い続けてもいられないので、

意を決して新しいアイロンを

使ってみたところ・・・

 

あれまぁ、オドロいた。

大きさは案外気にならないわ。

(あれだけ騒いでたくせに。笑)

そして、そして。

なんですか、このなめらかなかけ心地!!!!

外箱見たら

「すべりの良さ No1!」(T-fal史上)だそうです。

どうりでかけ面を初めて見たとき

「うわっ、キラキラしてる!!」と思った。

本当に✨の絵が描いてあるし。

(いにしえの少女漫画っぽい。

フランス人でも描いちゃうんだ〜、こういうの。)

P9141121.JPG

して、スチームの出方が

DBKより断然良い。ふんわり柔らか。

そりゃもう、機動戦士ですからね。

それくらい違わないと困りますけれど!!!

 

先端から霧吹きもできちゃいます。

(ちょっと水鉄砲的)

 

慣れて使いこなすにはもう少しかかりそうですが

これから良き相棒として

長く付き合ってもらいたいと思います。

大事にお手入れしなくっちゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
新しいアイロン

新しく買ったアイロンは、

散々迷ってT-fal。

特にフランスに思い入れはありませんが

大好きなドイツ製がないし

日本のメーカーだって?

別に国産じゃありませんものね。

(ピンクとか水色がいやだっただけ、

という噂もある)

T-falと迷ったパナソニックの

シルバーのアイロンもあったのですが・・・

最終的には

シルエットのかっこよさで選んだ。(苦笑)

 

で、昨日届いてみてビックリ。

まず箱が巨大でひるみ、

箱を開けてさらにビックリ。

 

大きすぎる。。。

P9121118.JPG

(真ん中が壊れたDBK。右はドライアイロン)

 

壊れたDBKは非常に昔ながらの作りで

水を入れる穴は開いてるままだし、

ごくごくシンプルで気に入っていたのですが・・・

T-falは、こうやって並べてみると

なんだかもう

「機動戦士ナンチャラ」みたいな佇まい。

(書いててよくわからないけど)

水の注ぎ口の透明な蓋が

カッと開くところとか

思わず「おおぉぉぉ〜・・・」と

声出ちゃいましたものね。

「あ、ここに人が乗るんだね」って感じ。(笑)

 

しかし、なーんでこんなに大きいのっ!!!

重さはDBKより100g重いだけなので

特に問題ないのですが、私の手には持て余す。

フランス人女性は大きいんだなぁ・・・と

つくづく思いました。

(ドイツ人女性も頑強な感じだけど。

掃除機とかものすごいです。

日本のがおもちゃに見える。)

 

お手入れの仕方とか、

なんだかややこしいそうだし、

スチームにもいろいろある(?)ようだし、

じっくり取説読む集中力もありません。

そんなわけで、まだ怖くて使っておらず。
どどーんと鎮座しております。

 

 


 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
アイロン、壊れた。

昨日、アイロンが壊れた・・・

 

普通に使っていたら突然、

スチームの1つの穴から

どばばばばば〜〜〜っ、と

お湯があふれてきて

それでご臨終。

うんともすんとも言わなくなった。

(という表現も変だな。

とにかく、まったく熱くならなくなった)

 

何?!

の使い方がおかしいの?!!?

それとも単純に不良品??

キィイーーーー!!!

この2年弱でこれで3回目!!!!

過去2回は修理に出して使ってきましたが・・・

もう今回はキレた。

今後絶対、DBKは買わないぞっ。

頑丈そうなフリして!!だまされたっ。

 

アイロンはないと困るし、

仕方ないから

楽天でポチッと新しいの買いました。

早く届いて・・・・

 

それにしても痛い出費。

 

 

 

 

 

 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
投薬、その後。(猫の話)

野良猫のごはんに薬を混ぜ始めて1週間。

私の狙い(?)は二匹なのですが、

一匹は前述のフテ雄。

定期的にきちんと食べに来るので

まったく気付かれず

(一応、工夫はしている)

今のところ毎日規則正しく

投与できております!!

(ホッ!)

食欲が以前より増してるんだけど、

大丈夫だろうか。(苦笑)

しかしなんとなく、心なしか目ヤニが減って

目がぱっちりと開き、

すこ〜〜し太ってきたような気がする。

(首のあたりがね・・・上から見ると

すっごい細くなっちゃっていたんです。

それがややマシなような・・・?)

 

もう一匹は、うちの野良猫食堂の

初期からのお客様、タビちゃん。

(一番の古株なのに、まったく慣れない。泣)

最近はいつ来るのかも分からず、

おまけに口の中に問題があるので

モリモリ食べてはくれない。

それでも運よく、

私が外をチェックした時に居たら

慌ててカリカリに少しかけて・・・

って、これがやっぱり

うまくいかない〜〜〜。(泣)

すでに出してあるご飯を食べ終わってるのか、

それとも薬がいやなのか、

まだ一回くらいしか食べてもらえておりません。

しかも、その量も

既定の量には到底達してないし・・・。

 

まぁ、嫌なことはなるべくさせたくないのですが・・・

もう少し、めげずに頑張ります!!!

 

 

 

 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
9月・・・

9月。

になってしまいました・・・

もう夏は

完全に終わった雰囲気濃厚。

猫たちの食欲も少しずつ出てくるかしら。

 

秋の「くらしのmoto市」に向けて

少しずつ小物製作しています。

去年はエプロンやさらしブラウスも

持っていったのですが、

今回は、うーん、どうしよう。

といいつつ、

生地を結構仕入れてしまったのですけれど。

(エプロン用の。苦笑)

 

新色がなかなか素敵です。

乞うご期待。

 

 

 

 

 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
野良猫との距離

私が住むアパート周りにいる

野良猫たちに、

少しずつ(こっそり)ご飯をやるようになってから

1年以上たちました。

通ってくる顔見知りは総勢10匹ほど。

(頻度が少ない子を入れれば、もう少しいる。)

今ではみんな、私の顔も覚えてるし

ちゅーるを直接

舐めるようになった子たちもいるし、

だいぶ距離が縮まったような気がしています。

まぁ、まだまだ逃げますけどね・・・(とほほ!)

しかし、ついに!

念願の!!

撫でるのを許可してくれた子が二匹!!

 

一匹目は、このあたりのボスっぽい

おっとりした雄猫、フテ雄。

初めて「・・・今、撫でてみようかな」と

ふと思った日。

「撫でてもいいかな?」聞いたら

スッと私に背中を向けたのです。

・・・もしかしてこれは

「どうぞ」って意味かしら!と

やや前向きにとらえて(笑)

ソオオッッと触れてみたら・・

 

大丈夫だった!!

シャーーも言われなかったし、

パンチもなかった。

 

ちょっとピクッとなったけれど、

そのあとは、ひたすら固まってました(苦笑)

立ち去りもせず、

目を閉じてそのままジーッと。

 

初めての人間の感触に

「なにこれ、なにこれ!

なんなの?なんなの?!」と

脳内パニックだったのではなかろうか。

あるいは・・・

「あれ・・・なんか、この感じ

遠い昔に味わったことがあるような・・・」

と思い出していたのかもしれない。

(もしそうだったら切ない・・・泣)

もしかしたら

こっちの可能性のほうが高いのかもしれない。

 

二匹目は、

大蛇のようにギラギラとした毛皮の大ちゃん。

おっきな雄。

大ちゃんは来る頻度も少なく、

毛並みが良すぎるうえに

あっさり撫でることができたから

飼い猫の可能性大。(大ちゃんだけに)

ま、それでも嬉しいよ。

ありがとう、またおいで。

 

みんなそれぞれ、私と出会う前

どこで生まれて、どこで暮らしてきたのか。

(ああぁぁ〜〜、子猫の時が見たかった!!!)

お父さんとお母さんはどうしたのか、

血縁関係はあるのか、

彼らの過去は、残念ながら私には知り得ませんが

1日1日、今を噛みしめています。

いつか、私の前から姿を消す日が来るかもしれない、その日まで。

 

今日、どうぶつ病院にお薬もらいに行ってきます。

出会ったのも、何かの縁。

できることがあるなら、やってあげたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
| 1/32 | >>