感動する、きくち体操

1,2年前に買った本なのですが・・・

また改めて再読して

「やっぱり、まじめにやろう」と

己の自堕落さを反省した

今日この頃。

 

DSCN3435.JPG

『はじめての「きくち体操」』

 

私はOL時代に

矢上裕先生の「自力整体」を

ずっと続けていたのですが、

飲食店にかかわるようになってから、

「自分の体と向き合う時間」を

本当におろそかにしていました。

(夜になると

疲れてそのまま寝てしまう、

休日は休日で、他のことに追われて終わり、

というパターン)

 

今どき大流行のヨガには

どうも手が出なくて、

でも何かしたいんだけどなぁ、

と思っていた頃、

この本に出会いました。

 

体操の本で泣いたのは初めてです!!!

(きくち体操の本は

いろいろ出ていますが、

私はこれがよかったと思う。

菊池先生の「愛」が

よく伝わってくるので。

イラストもかわいいの。)

 

最近は、もっぱら家にこもって

ミシンを踏むばかりなので

少しは体に刺激を与えねば・・・。

そしてもっと

自分の体を慈しもう。

 

菊池先生ご本人を見たら

あなたも「・・・やろうかな」

という気になるに違いありません。

ただいま、御年83歳。

立ち姿の美しいこと!!

20歳くらい若く見えます

 

 

 

健康 comments(0) trackbacks(0)
Bhado 2

少し前に、Bhadoという商品をご紹介しましたが・・・

それの後日談。

 

ネックレスタイプとアンクレットの他に

「多機能タイプ」というカードを

ノートパソコンの上に乗せて使っていたのですが

少々気休めというか・・・

正直なところ、

特別すごい効果を感じたわけではありませんでした。

 

ところが。

つい先日、この小さなカードの威力を痛感するようなことが起こったのです!

 

先月終わりくらいからだったでしょうか。

なんとなく息苦しいというか、

心臓が重いというか・・・

息をいくら吸っても苦しくて、さらに

吐ききれなくて苦しい、という感じ。

 

かといって、普通に生活はできるんですけど。

 

あまりに続くので

そろそろまずいかなぁ・・?と思っていたところ

なんとなく、

「Bhadoを背中のあたりに敷いて寝てみよう」と思いつき、

早速その晩、試してみました。

 

そうしたら!!

 

翌朝、あんなに苦しかったのが

1/10くらいになっていたんです!!!

(まるで、この間の腰痛騒ぎと同じような展開ですが・・・苦笑)

 

それに味をしめて、

さらに続けて2晩目も背中に敷いて寝てみたところ、ほぼ完治!!

 

なんでしょう、この不思議な効果は。

 

 

 

 

 

 

 

 

健康 comments(0) trackbacks(0)
人生2度目の腰痛

つい先日、朝起きたら腰痛になっていた。

 

ちょうど2年前の1月になった以来、人生2度目の腰痛。

いやぁ・・・

あれは、本当になってみて初めてわかった辛さでございました。

世の中の腰痛持ちの人はこんなにつらいのか!と

心底同情したものです。

そして、「もう2度となりたくない!」と思ったのに・・・。

 

たしかに、重いものを持ったりした。

しかし、「たかがそれだけで!?!」と、

なんだかショック。(苦笑)

座ってても、立ってても辛い。

 

でも、考えてみたら、もう1つ思い当たる節がありました。

それは、布団。

 

腰痛発症の数日前、

敷き布団を2枚使い始めたときから

ジワジワおかしくなってたかも?!と思い、

腰痛になったその日の夜は

ぺらぺらのせんべい布団で寝てみたのです。

 

そうしたら、まあ!!!

 

翌朝、完治していました(笑)。

本当に完全に、完治。

それは見事に跡形もなく消えていた。

 

ずっと昔から気になっている西式健康法では、

一年中、板の上で寝るそうです。

気になりながらも、試したことがなかったのですが、

夏、あまりに暑くて、

床に段ボールを敷いて寝てみたことはある。(笑)

これがまた、案外よく眠れたのです。

というわけで、これを機に(?)

布団やめてみようかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

健康 comments(0) trackbacks(0)
赤鼻のトナカイ風

最近の「冷え取り」強化に加え、

もう1つ、秘密の(?笑)ある療法を試しているところなのですが・・・

 

そのせいなのか、なんなのか、

私の鼻は真っ赤!!であります。

もう、この季節にピッタリ。

(鏡で顔を見るたびに、「真っ赤なお鼻の〜」とBGMが流れてくる。)

 

たしかに、以前からずーっと赤かったのです。

(赤いというか、汚いというか・・・)

それは、マクロビオティックで習った望診法から判断すれば

「心臓がよろしくない」ということなのですが、

(たとえば、鼻に目立つほくろがあったりする場合も、同じ診断)

それが3倍くらい赤い!!!(がーん)

 

たしかに息切れはないが、動悸(らしきもの?)はごくたまにある。

でも、今、それがひどいか、というと、そういうわけでもないのです。

 

ということは、好転反応なのでしょうか???

毒が出きったら、ものすごくきれいな鼻になれる、

なんてこと、あるのかな。

(あったら素敵!!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康 comments(0) trackbacks(0)
フローラディスク

唐突ですが・・・最近、めまいがする。

時々耳鳴り。

めまいなんて、以前は全然なかったのにー。

特に夕方とか、疲れてくると

上向いたりした拍子に「グラ〜〜ッ」とくる感じ。

やだなぁ、と思いながらも、

特に対策もしないまま2〜3か月経過・・

 

そしたら最近、

本やらなんやらで「鉄不足」というメッセージが

やけに私の前をチラつくのです。

「私が鉄不足ってことなのかもっ!!」と勝手に解釈し

ちょっと調べてみたら、

これがまあ、鉄不足の人に出る症状が

私にぴったりではありませんか!!!

(鉄分不足だと、いつも疲れていて、

めまいもするし、耳鳴りもすると書いてある。

他にもいろいろ当てはまる・・・や〜だ〜〜。)

というわけで、ずっと前から存在だけは知っていた、

これを試してみることにしました。

ドイツの老舗サルス・ハウス社の「フローラディスク」。

液体のノン・ヘム鉄サプリメントです。

(錠剤よりも吸収が良い)

味はフルーティで飲みやすく、

「もっと飲みたいな〜〜〜」と思うんだけど(笑)

1回10ml。ほんの一口。(さみしい。)

 

なんでも、鉄分は毛穴の開きにも効果があるんだとか!

そ、それはもう、期待せずにはいられません!!!

 

一か月ほど飲み続けてみようと思います。

さて、効果のほどはいかに。

またご報告いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

健康 comments(0) trackbacks(0)
オイルの威力

ずいぶん昔から手放さず、ずっと持っている本の1つに

「毒素排泄健康法」という古い本があって

(いかにも私が好きそうな、どんぴしゃりタイトル。笑)

主な内容はエドガー・ケイシーのオイルを使った療法が

書かれているのですが

まあ、そんな本の影響もあって

ひまし油をシミに塗ってみていたわけなのです。

 

ところで、あの後、

もう1つオイルに絡んだ事件(??)を思い出しました。

 

10年ほど前のこと・・・

マクロビオティックの総本山、日本CI協会の

リマ・クッキングスクールに通っていた頃のお話です。

 

その日の授業は料理実習ではなくて、お手当法のお勉強でした。

お台所にあるもので治す、というのが基本のマクロビオティック。

お手当にも梅干しや生姜、こんにゃく、里芋、豆腐などの食材を使います。

この時は、あらゆる皮膚病に有効、といわれるオイル作り。

ごま油と生姜の絞り汁を1:1で混ぜ合わせる、という

ただそれだけのオイルなのですが

(もちろん、オイルは可能な限り質の良いもの。生姜はひね生姜。

しっかり乳化するまで混ぜて、出来上がり。においは、完全に「餃子」です。)

これをみんなで作って試していたのです。

 

私はちょうどそのとき、二の腕の内側

(また腕ですね・・・(苦笑)左でした。陰性な毒素排泄。)に

3〜4センチ四方くらいに、カサカサしたものが広がっていました。

なかなか治らないなぁ〜と思ってはいたものの、薬で止めるのもなんだし

排泄されるままにしておいたのですが・・・

私が座っていたテーブルにちょうど先生が回ってきていらして

「どこか試してみたいところはない?」と聞かれてので

これ幸い!と、

「これなんですけど・・・」と見せたら、

先生が直々に刷り込んでくださったのです。

その時!!!!

 

何か、異様なパワーを感じたのですね、不思議なことに。

私は結構鈍いので(苦笑)

普段から不思議な体験とか、あんまりないほうなのですが、

この時はたしかに、先生の手から出ているものを感じました。

あるいはオイルのなせるわざか。

 

そしてその日の夜。

お風呂に入ったとき(まさにひまし油の時と同じ)

手で腕を撫でたら・・・

 

そのカサカサがつるっと取れちゃったんです!!!!!!!

 

うひゃぁあああ!!!!!とお風呂の中で仰天しました。

お風呂上りも、まじまじと腕を観察しましたが、

もはやつるつるの二の腕。

いやはや、そのオドロキといったら。

(そのわりに、忘れてたけど!!!)

 

オイル選びや、使い方もいろいろですが、

それこそ正しく使えば

(大きい声では言えないので、小声で)

「万病に効く」といっても過言ではないようですよ!!

 

オイルのパワーと魅力は計り知れません・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康 comments(2) trackbacks(0)
春が来た
ようやく春が来た?!
暑かったり、寒かったり、変な気候でしたが
いよいよ本格的に暖かくなるのでしょうか。
今日なんか、半袖になってしまおうかしら、という気さえする。
そして、なんというかこう・・・
古いものとかいらないものとか、
パアーッと脱ぎ捨てたい感じというか。
これも春が故でしょうか。
それにしても、気持ちがいいなあ。

しかし、花粉症の皆様は
まだまだつらいですね。
私もかつてそうだったので、
あの苦しみはよぉ〜くわかるのです。

今、「自分は花粉症である!」と自覚のある方、
ご自分の肩甲骨のまわりがこってないか、
ちょっと確認してみてください。
腕がスムーズに回りますか?
右手は上から、左手は下から、背中の真ん中で手を組めますか?
反対でも試してくださいね。
もし、ガチガチ、ゴリゴリに凝っていたら・・・
まずはそこをほぐしてみましょう!!!
あとは、なるべく肝臓に負担をかけないよう
アルコールはちょっと控えるとか、疲れをためない等、
ちょっぴり気をかけてあげましょう。
目の疲れや首の凝り、右腕の使いすぎも要注意です。

あ、それと、お休みの日等は可能な限り薬に頼らず、
鼻水が出るならどんどん出す!
くしゃみが出るなら、何度でも出す!
という感じで、出ている症状を止めないほうがよろしいでしょう。

私がいつのまにか花粉症を克服したのも、
薬を飲んでなかったからかもしれません。
(かたくなに拒んでいた)

素敵な春をお過ごしください。










 
健康 comments(0) trackbacks(0)
腰痛、その後
なにしろ「初・腰痛」だったので、
自力でどうにかするにも一抹の不安がなくもないし、
急遽、普段お世話になっている整体院に行きました。
自分でできる簡単なケアと、引き続き糾励根の湿布で、
おかげさまで、薄皮を剥ぐごとくではございますが
腰痛は、ほぼ完治しました!

・・・とご報告するところだったのですが、
二日ほど前、久しぶりにアルコールを摂取したら・・・

翌朝、見事に悪化してた!!(苦笑)

いやぁ〜、ほんと、それはそれはあっけなく。
せっかく、ほぼ治ってたのにー。
私の腰痛の原因の1つが「腎臓の疲労」だったようなので、
体は正直ですネ・・・。

しばらく、お酒はやめとこう。
(といっても、普段めったに飲まないけど)
もう何も心配いらないくらい治った!
と断言できるまでは、
あともうちょっとかかるのかしら・・・。






















 
健康 comments(0) trackbacks(0)
腰痛、初体験!
今までの人生で、「腰痛」というものを体験したことがなくて、
「ま、大変だろうな・・・」くらいにしか思ってなかったし
自分が(腰痛に)なる気がなかったので(?笑)
腰痛対策情報はほぼスルーしてきたのですが・・・

新年早々の9日、なにやら腰が・・・変?!

・・・と思ったら、
一気にもう「これが腰痛か!!!」という感じに突入してしまいました。
ウエ〜〜ン!
何、年??運動不足?
実家の面々は、すぐ「悪い病気の前兆かも」とか言うし。
(でもそういう場合は「激痛」らしいので、まず違うと思われます)
年始の食べ過ぎがたたって、内臓疲労が原因かも・・・。

普通に歩いていても、途中で「ピキッ!」といきそうでオソロシイ。
かがむのが一苦労なので、掃除も、縫い物もやる気がしない・・・。

以前、ブログで紹介した「糾励根*」を思い出して
寝ている間に貼ってみたら、少しよくなったみたいだが・・・
年明け早々、これじゃぁねぇ。(トホホ)
健康マニア復活どころの話じゃない。
とにかく、「悪化」だけは避けたいものです。
(って、どうすればいいのかなーー・・・)


ちなみに、「カラスのお灸」は、やっと少し治ってきました。
(やっとよ、やっと!!!!一体、どれだけ悪いのか。)


*10種類の生薬を調合した外用塗布薬。粉状になっており、
 水で溶いてはりつける。(製造:霜鳥研究所)








 
健康 comments(0) trackbacks(0)
チベット体操
「チベット体操」。
近頃では知ってる方も増えてきたような感じですが、
私がかれこれ10年以上前に知ったときは、
まだあまりメジャー(?)ではなかったような気がする・・・。

この「チベット体操」とは、
インドの古代ヨガがチベットのラマ僧に伝わり、
瞑想(めいそう)の前に心身を浄化し、
エネルギーを高める「儀式」として行われていたもの。

ヨガと違って、ポーズはたった5つとシンプル。
しかしながら、僧侶が心身の浄化のためにやるくらいですから!(笑)
すごいのですよ。(たぶん)
実際、若さを司るチャクラを整えるのはもちろん、
血行が促進されたり、リンパの流れも良くなるそうなので、
結果、毒素が排泄されるらしい。
(こう聞くと目がキラ〜ンとするのは私だけか。)
インナーマッスルも自然と鍛えられるので、
ダイエット効果もあります。

私が初めてチベット体操を知った『若さの泉』という本によれば
これを続けている僧侶の
「実年齢」と「見た目」のあまりのギャップに
大変驚いたという話が載っていました。
(たしか・・・。なんせ10年以上前に読んだきり)

5つのポーズを3回からはじめて、
6回、9回・・・と徐々に回数をふやし、
最終的には21回までやるのですが、
私はとてもじゃないけど、とても無理!!!でしたので(苦笑)
最高でもせいぜい15回くらいだったような・・・。

2〜3年前くらいまでは、3回か、多くても6回やる程度。
ここ1年程にいたっては、まったく存在すら忘れ去ってる始末でございました。
(ヒドイものだ。これじゃあ、若返りは無理だわ!)
ある日、久しぶりにお会いした方の口から、
急に「チベット体操」の話題が出てきたので、思い出したのです・・・。(苦笑)

これも何かの縁。(?)
せめて3回はやろうかと復活してみました。

はじめた当時は本しか情報がなかったけれど、
(あとは、「チベットクラブ」というところの冊子を当時送っていただきました。
が、残念ながら今はこの冊子、販売してないそうです・・・。)

昨今じゃ「YouTube」ってものがありますからね。
どんなものかと思って、つい先日、一応見てみました。

そうしたら、まあびっくり!!!
いくつか画像を見てみましたが、
どれも、私の想像より動きが早いのです。
(私が見たのが、たまたまそうだったのか?)

こんなものなの?!?!
私は、ゆーっくりと呼吸に意識して、
じわーーっとやるものだと思ってたのですが。

どうなんでしょう。

どなたか、詳しい方いらしたら教えてください。

(ま、やりなれてるので、私は引き続きゆーっくりやっております・・・)










 
健康 comments(0) trackbacks(0)
| 1/3 | >>