近々納品

古布じゃなくて

エプロンにご興味持ってくださっている皆様、

お待たせいたしました〜〜。

6/9よりペドラーさんが営業開始されるとのことなので

9日以降に納品いたします〜〜〜。

P5312445.JPG

 

P5312447.JPG

とりあえずできている分。

 

すべて厚手。

黒、赤は+10センチ。

キャメルはノーマル丈と+10センチです。

ミニバッグもいくつか作っているところです。

 

浴衣縫ったりエプロン縫ったり・・・

仕方ないとはいえ、

なんとなく心がせわしない。

 

 

 

 

 

製作 comments(0) -
浴衣地ワンショルダーバッグと巾着袋

小物が続きます。

 

ハギレ活用の常套手段。

残りがちなおくみを使った巾着袋。

(去年の浴衣服の残りも混ざってる・・・)

P5262438.JPG

端っこで織り目がよれてたり

折り目がキツくついていて

完全には取れてなかったり

反対側はほぼ無地だったり。(苦笑)

まぁ、おまけみたいなものです。

少しでも見栄え良くできないものかと思って

いつもそろばんの珠を付けているわけ・・・。

P5262439.JPG

 

そして、小物というよりはわりと大物。(?)

ワンショルダーバッグが出来ました。

P5262440.JPG

ブラウスとチュニックの残りです。

この傘を服にすると

なんかちょっとダサかったので(苦笑)

まるまるバッグに使いました。

 

裏はこんな感じ。

(あ、別にこっちを表にして

使っていただいてもいいんですけど!)

P5262441.JPG

内側に小さなポケットあります。

共布の裏地付き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製作 comments(0) -
浴衣地ミニバッグ

ハギレがどんどん積みあがっていたので・・・

一旦、小物作り。

リネンのものも、おかげさまで好評のミニバッグ。

P5222427.JPG

あらーっ、かわいいっ。

(毎度のことながら、

自分で言ってりゃ世話ないね)

P5222426.JPG

表裏で柄の出方が違うのもいい。

 

本やノートを入れるなら、

マチなしがおススメ。

P5222425.JPG

大きなカバンにドサドサと

他の物と一緒に本を入れたりすると

たまに引っかかって表紙が折れそうになったり、

なんてこともあるので

私はミニバッグに入れて持ち歩きます。

 

P5222424.JPG

籠のときは、こんな感じで

取っ手に取っ手をひっかけて

ポケット代わりに使ったりもします。

電車に乗るときは、

お財布など大事なものが隠せるのでよろしい。

絶対スラれないし。

まぁ、日本はありがたいことに

そういう心配もほぼいらないですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製作 comments(0) -
浴衣地ワイドパンツ

昨日の浴衣地、残りはパンツを作りました。

ウエストゴムの楽ちんワイドパンツ。

P5212421.JPG

こっ、これは・・・っ。

(派手、かと思いきや)

かわいいんです!着ると!!!

試着しながら一人で

「かわいいじゃん〜」ってしゃべってました。

丈は短めです。

 

後ろ姿。

P5212423.JPG

 

右側のみ、やや幅の狭い貼ポケット付き。

P5212422.JPG

この柄でスカートも作りたかったなぁ・・・

もう一枚、同じ柄の浴衣が欲しいっっ。

 

これで、おおよそ展示用の浴衣服は

出そろった感じ。

(あと数着できないこともないのですが、

テイストが違う浴衣なので

使うかどうか迷い中)

 

 

 

 

製作 comments(0) -
大柄の浴衣地で

ちょっと間があいてしまいましたが・・・

あと少し浴衣服にお付き合いくださいませ。

 

今回は初の大柄。

紺地に大胆な白抜きのコントラストが

なかなか美しい・・・

P5192417.JPG

 

P5192418.JPG

 

これでワンピースとか七分袖とか

分量が多いと派手になるかもしれませんが

フレンチスリーブくらいなら

意外と派手過ぎず、結構かわいい。

ボタンは、ここのところよく登場する

ヨーロッパの古いガラスボタン。

 

どうにかこうにかつなぎ合わせて

もう一着フレンチスリーブブラウスを作ったものの

(生地がギリギリで丈も短め)

こちらはちょっと難ありなので

自分で着るかな・・・。

P5192415.JPG

 

P5192416.JPG

やはり紺地の浴衣は

色褪せが難関ねぇ〜〜。

 

 

 

 

 

 

製作 comments(0) -
苦戦・・・

浴衣服もぼちぼちラストスパート。

今回の浴衣は・・・苦戦した・・・(泣)

 

柄合わせがされている浴衣だったので

「ほどかずそのまま利用すべきか

やっぱりほどくか、

あーでもないこーでもない」

というのを2日近くやってしまいました。

とほほ。

 

散々迷った挙句、

結局2着分しか取れなかった・・・。

(やはりこういう柄は無駄が出るのは

仕方ないとはいえ、無念。

でも決して無駄には致しません〜〜。

残りはバッグにしようと思います♪)

 

まず一着目。

浴衣の腰から上部分を使って半袖ブラウス。

P5152410.JPG

かなりゆったりめ。

(身幅を詰めてしまうと柄が合わなくなるので)

なかなか個性的で面白い感じに

仕上がったと思いますがどうでしょう。

前から見ると、ほぼ白でシンプル。

ポイントは後ろに。

P5152411.JPG
右袖の柄が微妙に(どころか全然)合ってませんが

ぁそこは雰囲気で。

この傘がかなり「和」っぽさを醸し出しています。

今回作っている浴衣服の中で

一番和風かも・・・

 

そして2着目。

今度は、浴衣の下半分と

両袖を使ってチュニック。

P5162412.JPG

短いブラウスにしてもよかったのですが

そうすると中途半端に切り捨てないといけないし

柄も活かしきれない。

それは悔しい・・・

というわけで、珍しくチュニックになりました。

P5162413.JPG

 

前身頃、唐突に傘がチラ見えしていますが

これは腕でほとんど隠れます。

P5162414.JPG

着てみると、この、葉の流れがなかなかいい具合です!

大胆で勢いがある。

街(?)で目立ちそう・・・

 

苦戦したけど結果、作ってて一番楽しかったかも・・・

 

こちらの浴衣もややボロ度指数高め。

(松葉の次くらい)

シミや色あせなどはありませんが

すごい太い手縫い糸で縫われていて

だいぶ頑張ったのですが

その跡が消しきれないのです・・・

あと、折り目も完全に消えず。

いずれ少しずつ薄れていくとは思います。

ご了承くださいませ。

くったり感はナイスです。

涼しさ150%!!

製作 comments(0) -
5枚はぎタックスカート

残りをすべて使い果たして

タックギャザースカート。

P5132374.JPG

丈は昨日のより10センチ程短く、

5枚はぎなので

全体的にギャザーのボリュームも

抑え目ですっきりタイプです。

ポケットも生地がたりなくて

つぎはぎ状態・・・

 

 

 

 

 

製作 comments(0) -
可憐なスカート

可憐な葉っぱ柄の続き。

 

アイテム的にパンツが圧倒的に少ないので

できれば紺地は

パンツに変身させたいところなのですが・・・

この柄でパンツにすると、どうも野暮ったい。

なので、結局定番の6枚はぎギャザースカート。

P5112369.JPG

この柄なら気持ちふんわりしてもいいかなぁ、と

ちょっとタックの入れ方を変えてみました。

ややきれいめにも、カジュアルにも、

どっちもいけますっっ。

P5112371.JPG

 

 

 

製作 comments(0) -
可憐な葉っぱ柄

またまたブラウスに逆戻り〜。

相も変わらずフレンチスリーブです。

 

なんとまぁ可憐な柄でしょうか!!!

一目ぼれです。

P5102367.JPG

最初ぱっと見、お花かな?と思ったんですが

よく見ると葉っぱでした。

ハーブみたい♪

紺地というのも

子供っぽくなりすぎなくていいのかも。

 

P5102368.JPG

ボタンは、ヨーロッパのアンティークボタンです。

 

 

 

 

 

 

 

製作 comments(0) -
初の浴衣もんぺパンツ

「なんかブラウスばっかりじゃん〜、、」と

内心思っていたそこのアナタ!

ようやく作りました、

初のパンツを。

P5092363.JPG

松の葉柄パンツ。

(松の葉よね?これ。違う??)

後ろポッケ。

P5092364.JPG

浴衣地でワイドのストレートパンツ作ると

どうしてもザ・パジャマ感が出ちゃう・・・

ならば!ということでこの形。

よく言えばテーパード。

悪く(?)言えば、もんぺ。

レギンス代わりにも。

 

(ここ小声で

う〇ぎの寝床」っぽい。(苦笑)

結局、反物で作ろうとしたら

同じような感じになっちゃうんだな・・・)

 

今回は、いわゆるもんぺのように

マチをつけておらず

反物の幅ギリギリを使ったパターンなので、

それほどゆったりではありません。

比較的細身の方向けかも・・・

 

短パンも作りたかったのですが

そうすると中途半端にあまるので、

結局、丈違いで2着作りました。

P5092365.JPG

長い方なら、細身の男性も

アンクル丈でいけると思う。

 

この浴衣はかなり年季が入っていたので

若干のほころびと色あせがあります。

(そこがまたかわいいのですが)←私の目には

丈の長い方は、裾付近にお直し部分もあり。

今年の浴衣服の中ではおそらく一番の

古布上級者向けです。

P5092366.JPG

真っ赤なさらしブラウスと♪

 

 

 

 

 

 

製作 comments(0) -
| 1/45 | >>