木彫りのうさぎ

この間の夜中の地震で・・・

私の大事にしている木彫りのうさぎが落ち、

首が飛んでしまいました・・・

(朝起きて発見したときの、

その悲惨なお姿といったら・・・

まさに打ち首って感じ)

P1070727.JPG

木工ボンドで修理しましたが、

さすがに首に傷跡が。

P1070728.JPG

かわいそうなので、

細い紐を首に付けてあげました。

かわいくなった。(笑)

P1070729.JPG

 

(余談)

うさぎ以外にも

気付いたらいろんなものが落ちていました。

洗面所の化粧水とか、

飾り棚の中の花器とか・・・

結構怖い。


 

 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
最近のリメイク仕事

年明けはエプロンを少し作り、

その他は細々とリメイク等を

やっておりました。

 

相変わらず刺繍がかわいい

PJCの小さな手提げ2つを

ブックカバーにリメイクしてほしい、とのご依頼。

文庫サイズと新書サイズ。

P1110732.JPG

1つはだいぶ擦り切れていたので、

裏から接着芯は貼りますが、

接着芯が見えるほどになっている部分に

もともとバッグについてたタグを移動。

シミがあって使えない部分もあったので

これは文庫のカバーに。

 

もう1つも、タグの向きを

90度回転させる必要があるので、

いったん外します。

外したところは、色が違って目立つ・・・

その色の違いを隠すために

タグを革で一回り大きくして

もう一度付け直しました。

P1110733.JPG

おおぉ、市販品っぽい!!

うーむ、なかなかいい感じだ。

(自画自賛)

 

近頃の文庫は栞の紐がついてないので、

紐も付けて。

P1110737.JPG

 

裏表紙を止めるリボンは

共布がすでに使い切っていて

足りなかったので、市販のもので。

黒のふっくらした光沢のあるリボンと、

生地に合わせた麻のテープ。

こういうのを活用すると

とても簡単にいろいろ作れますね!

P1110735.JPG

 

P1110738.JPG

 

最後は、表紙を入れる部分を

手縫いでかがって、完成です。

P1110739.JPG

(ココ!!!!!笑

ここを黙々とちまちま縫うの、好きだ。

ちなみに、なぜミシンで上から縫わないかというと、

ミシンで縫うためには縫い代が必要になるので

そのぶん数ミリずつ上下が大きくなり、

本とのフィット感がなくなるのが

嫌なので。←個人的に)

 

ブックカバー、個人的には

とても好きなアイテムなのですが、

果たして需要あるのかしら。

古布でまた作りたいんだけど・・・

(企画展用に)

作りたいから、作っちゃうけど。(笑)

 

 

 

製作 comments(0) trackbacks(0)
エプロン 完売

年末に納品したエプロン、

cinnamon3色。

ぺドラーさん、9日から営業だったのですが

昨日ですでに完売したそうです。

驚いた!

お買い上げ下さった方々、

ありがとうございました!!!!(感涙)

 

 

 

おしらせ comments(0) trackbacks(0)
再ブーム!リズ・ブルボー

相変わらず、図書館通いは続いております。

P1100731.JPG

ここのところは、

もう10年程前に読んでいた

リズ・ブルボーさんのご著書を

かたっぱしから読み漁り。

当時読んだ本も

初めて読む本も、

やはりどれも素晴らしい〜。

 

読み返して思うのは・・・

「全然成長してないな、私」。(苦笑)

 

でも、自分の経験が増えたせいでしょうね、

再読にもかかわらず

ガツーーンときました。

 

ここには写ってませんが、

はじめてリズの本を読まれる方は

「からだの声を聞きなさい」がよろしいかと。

 

右端、スピリチュアルな観点からの

まじめな内容ですっっ。

(↑なぜか言い訳がましい(笑))

ご一読の価値がございます。

オススメです。

 

 

 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
3年の星占い

PC260708.JPG

 

友人からのクリスマスプレゼント。

石井ゆかりさんの「3年の星占い」。

 

3年分のてんびん座の運勢が

一冊にまとまっています。

なんてお得な!!!

 

表紙も素敵。

 

さてさて。

今年は一体、

どんな年になるのでしょうね。

 

 

 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
再び、コートのリメイク

今回のコートリメイクは・・・

薄手のコートに

別のロングコートについていた

ライナーを付ける、というご依頼。

(ロングコートは

ボロになって捨てたらしい)

 

だいたい大きさは同じでしたが、

それでも完全にフィットはしないので、

多少そのあたりはアバウト。

致し方なし。

 

まず、ライナーのほうが長いので、

そこは簡単にカットして三つ折り。

 

袖も長すぎるから詰めて欲しい、

とのことだったので

単純にカットして、三つ折りで縫う。

ちょうどマジックテープが付いている

カフス(じゃなくて・・・なんていうんだろう)も

切り落とす位置だったので、

せっかくだから、それは

のちほど利用することにする。

P1070720.JPG

 

ライナーは、もこもこした

フリース素材だったので、

裏から接着芯を貼り、切込みを入れて

簡単ボタンホールを作る。

(穴の両端は、一応広がりすぎないよう、

手縫いで止めました)

P1070718.JPG

 

これが、さきほど切り落とした部分の再利用。

(お分かりになるかしら・・・)

ライナーのサイズが合ってないから

遊びが必要なため、

マジックテープならちょうどいい〜〜。

(表に響かないよう、

ポケットに縫い止めた)

 

P1070719.JPG

 

そして、袖口。

ライナーのボタンが残っていたので

コートの縫い代に少し幅広のゴムを縫い付け、

(革でもよかったんだけど)

ボタンより気持ち小さな切込みを入れて

これまた簡単ボタンホール。

 

P1070721.JPG

 

P1070726.JPG

 

今回のリメイクで、

ここが一番のお気に入り。(笑)

 

 

 

 

製作 comments(0) trackbacks(0)
江戸の犬張り子

お正月に撮った

我が家の犬張り子の写真。

説明を書いたつもりでいたのですが・・・

書いてなかった!(汗)

 

大変申し訳ありませんでしたっ。

まぁ、ご存じの方も

いらっしゃるかとは思うのですが、

私もそれを聞いたときは

「ほぉ!!(笑)」となったので、

皆様にもぜひお教えたしたく。

 

なぜ犬が竹のざるを

被っているのかというと・・・

「竹」(たけかんむり)に「犬」で

「笑」になる、という江戸のユーモア。

 

そして、さらにその上に傘が乗ってますが、

それは、(かさを)「重ね重ね」。

 

日本人はこういうの、上手いですよねえ。

 

犬張り子、本来は赤ちゃん誕生の

お祝いに使われるものですが

(その場合はでんでん太鼓を

しょっていたと思う)

うちでは、そんなの無視して

「戌年」のときに登場します。(笑)

 

あの張り子人形、

写真だとわかりにくいですが、

実は結構大きなものなんです。

高さが23〜4センチはあるでしょうか。

明治時代くらいのものだそうです。

なかなかいい味出してる。

 

 

 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
訳あって、英会話

ここ何年も

使っていなかった部分を

使ってる感じ。(脳みそ)

 

英語。

 

ひっじょぉお〜〜〜に新鮮だ!!

(一応、帰国子女で英文学科卒

なんだけど・・・。苦笑)

 

(今日のブログは

ツイッター風になってしまいました)

 

 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
新春詰め放題

皆様どんなお正月をお過ごしでしょうか。

 

私は羽根つきもせず、

ただ食べて、

薪ストーブの前に陣取っていたお正月。

(アチャー)

そして本日、仕事始め(のつもり)。

いまいち調子が出ず

動きは亀のごとくですが、

ぼちぼち製作を始めています。

 

あ、そうそう。

昨日、おせちを食べたあと、

腹ごなしに散歩がてら

母と妹と近くの(大きめ)スーパーの

新春初売りに行きました。

 

そこで、思いがけず目に留まった

靴下とパンツの詰め放題。

「・・・やる??(笑)」ってことになり・・・。

 

いやー、あんなのやったことなかったですが

テンション上がりました。

パンツの山を3人してせっせと漁り、

(漁ってるうちに、妙に楽しくなってくる)

3人分、専用袋にパンツを

ぎゅうぎゅうに詰めて1000円。

家に戻って数えたら12枚も入ってました!

安ッ。

(靴下は、紳士もののアンゴラ混を選んだので

分厚かったから5足)

 

もちろん、変な柄とかが多かったので、

なるべく無地とか

無難なものを探しましたが

2枚ほど、私にしては

ド派手なものも混ぜてみた。(苦笑)

新春だし(?)、たまにはいいよね。

 

これが唯一、

2018年お正月の思い出かも。

(いいのかねぇ、

スタートがパンツの詰め合わせで・・・)

 

 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
新年のご挨拶

2018年幕開け!

新年あけましておめでとうございます!

P1010714.JPG

こちら神奈川は、

風もなく(羽根つき日和)

穏やかな元旦となりました。

 

昨年は、新しい屋号「spice」として

右も左もわからぬまま、

沢山の方に支えられ、

どうにかこうにか

スタートを切ることができました。

(相変わらずHPもありませんが・・・)

様々な形で

spiceに関わってくださった皆様、

またこのブログを

懲りずに読んでくださっている皆様、

本当にありがとうございました!

 

昨年4月から12月の間に、

本当にたくさんのエプロンや

さらしブラウスを

製作させていただきました。

この世に、100枚近く

私が作ったエプロンが旅立っているだなんて

夢のよう。

ちょっと信じられないわー。(苦笑)

嬉しいお声も沢山いただき、

ありがたい限り。

この、物に溢れた時代に

私の作るものを選んでくださることは

もはや奇跡です!!!

 

これからも、

日々のちょっとしたスパイスになるような、

かゆいところに手が届く(?)ものを

生み出していきたいと思っております。

 

4月には、ひーーーっさしぶりに

古布で作った服の展示を予定しております。

(勘が戻るかな・・・)

夏以降は、新作など作る予定。

 

目の前のことをこなすのに精いっぱいで
まだまだ未熟な点ばかり・・・

ではございますが、

本年も引き続き

どうぞよろしくお願い申し上げます!

 

2018.1.1

spice

天野綾子

 

 

 

 

 

ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
| 1/89 | >>